江戸時代から250年余り続く伝統の奥深い味。それが老舗のかめびし醤油です。

ホーム >> かめびしの歴史資料館
かめびしの歴史資料館
かめびしの歴史
かめびしの歴史瀬戸内海に面した香川県引田町は古くから播磨灘における「風待ちの港」として開かれ、江戸時代に入ってからは、海上交通の要所として発展してきました。
また、良質な塩の産地が近いことや醤油づくりに適した気候も手伝い「美味しい醤油」の生産地として知られてきました。
かめびしはこの地で宝暦三年(1753)の創業以来、250年以上にわたり醤油造りひとすじに歩んでまいりました。
「かめびし」名前の由来
亀イラスト かめびし醤油の名称は江戸時代から使用され、「かめ」は氏神が鎮座する亀山の一字をとり、「ひし」は醤油のことをひしほと呼ぶところから取ったともいわれている。
岡田家の由来

家紋岡田家の開祖は生駒家の家臣、西山丹後といわれ寛永の頃に丹後の四代目西山三郎が引田に来住し五代目の時に岡田姓に変姓している。
当家の初代はその子孫、七代目にあたる伊右衛門とされている。名字帯刀を許されたまま商家となった。
伊右衛門は屋号を「池田屋」と称し農業をしていたが宝暦三年(1753年)池田地区でひしほ(醤油)の製造販売を始める。その後、現在地に醤油製造の拠点として母屋、倉庫、を創建。

伊右衛門には子がなく藩御蔵番取締岡田文甫の次男治祐が別家して池田屋を継承する。
醤油製造販売は順調に進み三代目次助にかけて倉庫、釜屋、室屋などの施設をつぎつぎに増設、天保15年(1844)には長屋門が完成している。

製造した醤油は高松城下の醤油卸店で販売した外生産の増加に伴って徳島、阪神、泉州へと販路を拡大した。

歴代の当主は伝統の蔵を利用して創業以来の古法をかたくなに踏襲し岡田家独自の風味と香りをもった醤油造りを今に伝えている。

★現在使用している醤油造り関係の建物18件は平成15年6月に国の登録有形文化財に指定されている。

商品のご案内

かめびし屋からメールが
届かないお客様へ
東日本大震災で被災された方へ
弊社では、少しでもお役に立てればと考え、特に被害が大きい青森、 岩手、宮城、福島、茨城の各県への送料を500円負担いたします。
フリーダイヤル0120-1753-25
業者様への商品案内
かめびし見学案内
人気商品ランキング
お取扱い上のご注意